スタッフブログ

知っていましたか③(担当:佐藤)

 

今回は、グリップで「イースタングリップ」・「ウエスタングリップ」等使われていますが、

その語源についてです。

ヨーロッパから伝わったテニスは、フォアもバックも同じグリップで打てる『コンチネンタルグリップ』

が主流だったそうです。

それが、アメリカに伝わり、クレーコートでボールを高い打点で捕らえる為、東部で発展したので、

「イースタングリップ」。そして、ハードコートで速くて弾むボールをより高い位置で捕らえる為に

西部で発展したので、「ウエスタングリップ」と言われるようになったそうです。

知っていましたか? これからも知っていましたかシリーズをつづけていきますよ。勉強、勉強!